Tel : 03-6421-3264

日当たりが悪くても育てられる種類はありますか?

ハオルシア属(宝草、十二の巻、姫寿など)は半日陰で育てられるので問題ありません。
光が入らない、お部屋の奥の方に置いても大丈夫です。
むしろ強すぎる光は葉が焼けてしまうものも多いので、窓際に置くならレースのカーテン越しにするなど、遮光して弱い光に当てるようにしてください。

木下園で扱う多肉植物は、室内で飾れるように、丈夫で育てやすい種類のものを厳選しています。
ハオルシア属以外でも、たまに日光浴をさせれば、普段は日が当たらなくても問題ないものが多いです。
エケべリア属セダム属は光が好きなので、できるだけ日に当ててください。光が足りなくてもすぐにダメになってしまうことはありませんが、ひょろひょろと間延びしてしまったり形が崩れてきます。

サボテンについては、基本的に太陽の光を好むので、日当たりの悪い場所での観葉をおすすめできません。
サボテンは全く日が当たらない場所に置き続けると弱ってしまいます。


カテゴリー: よくある質問   パーマリンク