Tel : 03-6421-3264

多肉植物 黄棘虹彩閣 / 砥部焼 ぐい呑み

¥1,759 販売価格(税別) 注文番号   100217 100217
在庫状態   在庫有り

多肉植物 黄棘虹彩閣 / 砥部焼 ぐい呑み

つんつんと棘がたくさん生えた個性的な黄棘虹彩閣です。
こう見えてサボテンではなく、多肉植物のユーフォルビア属なんです。
キャラクターのような姿が愛らしく、小さくても存在感があります。
てっぺんから黄色い葉を出し、それが時間が経つにつれてしっかりとした棘に変化していきます。
愛媛県砥部焼のぐい呑みはやさしい色合いが温もりを感じられます。
淡い茶色と青色の線が入ったデザインはどこかノスタルジックな雰囲気もあります。
ちょこんと気軽に置けてお部屋のアクセントになる多肉盆栽です。

 

うつわのサイズ 幅54 x 奥行54 x 高さ58 (mm) 

 

  ユーフォルビア属 黄棘虹彩閣〔きとげこうさいかく〕
棘がたくさん生えた強そうな姿が特徴的。棘が赤いものは虹彩閣と呼ばれます。
黄色い棘はだんだん褐色を帯びて硬くしっかりとしてきます。
棘を触ったりすると出てくる白い樹液には毒性があり手がかぶれたりするので、もし付いてしまった場合はすぐに洗い流してください。胴体の大きさはほぼ変わらずゆっくりと上に成長し高さが出てきます。
日当たりのいい場所に置くか、あまり日が当たらない場所に置く場合は週1回程度日光浴をさせてください。
育てやすいので初心者にもおすすめです。

 

■学 名 : Euphorbia enopla
■原生地 : アフリカ、マダガスカル
■水やり : 1~2ヶ月に1回、土全体が湿る量(50cc位)の水を根元からそっとあげます
底に穴が開いていないうつわを使用しているので、溢れないように少しずつゆっくりと注いでください。
暑い時間に水をあげるとうつわの中が熱くなり蒸れやすくなります。
朝または夕方以降など涼しい時間に水やりをしてください。

 

木下園では観賞用として長く楽しめるように、
水やりはできるだけ少なくゆっくりと育つよう提案をしています。
このまま2、3年は植え替えをしないで大丈夫です。




ギフトについて: ギフトボックス(税抜300円)はこちら(別ウィンドウで開きます)から別途ご注文ください。
100217
100217 100217 100217 100217 100217 100217 100217 100217 100217