Tel : 03-6421-3264

サボテン 銀手毬 / 丹波焼 ぐい呑み

¥1,849 販売価格(税別) 注文番号   100221 100221
在庫状態   売切れ

サボテン 銀手毬 / 丹波焼 ぐい呑み

小さな体に刺がびっしり生えた姿が可愛らしいサボテン銀手毬です。
大きくならずにぽこぽこと子供を出して増えていき、ユニークな表情を見せてくれます。
一つひとつ丁寧に作られた兵庫県丹波焼のぐい呑みに植えた、ちょこんとしたサイズ感も可愛らしい一品。
きれいな青色が白い刺の美しさを引き立てる小さなサボテン盆栽です。

 

うつわのサイズ 幅49 x 奥行49 x 高さ49 (mm) 

 

  マミラリア属 銀手毬〔ぎんてまり〕
その名の通り白く輝く刺が体中にびっしりと生えるのが特徴的。
この刺は柔らかいので触ってもあまり痛くありません。
マミラリアとは「イボがある」という意味で、この属はイボイボのある体を持っています。
白く美しい刺の下にはイボイボの体が隠れています。
日当たりのいい場所に置くか、あまり日が当たらない場所に置く場合は週1回程度日光浴をさせてください。
とても丈夫で育てやすいので初心者にもおすすめです。
寒い季節に白色にピンク色の筋が入った小さな花を咲かせます。
ゆっくり、じっくりと気長に育てていつか花を咲かせてくれるのを待つのも楽しみです。

 

■学 名 : Mammillaria vetula ssp gracilis 
■原生地 : メキシコ
■水やり : 1~2ヶ月に1回、土全体が湿る量(25cc位)の水を根元からそっとあげる
暑い時間に水をあげるとうつわの中が熱くなり蒸れやすくなります。
朝または夕方以降など涼しい時間に水やりをしてください。

 

木下園では観賞用として長く楽しめるように、
水やりはできるだけ少なくゆっくりと育つよう提案をしています。
このまま2、3年は植え替えをしないで大丈夫です。




ギフトについて: ギフトボックス(税抜300円)はこちら(別ウィンドウで開きます)から別途ご注文ください。
100221
100221 100221 100221 100221 100221 100221 100221 100221 100221 100221